特定調停について

特定調停とは、裁判所を通して任意整理を行う手続きです。
知識のない方でも専門家に依頼せず個人で手続きが可能です。
個人で手続きが行えるため、専門家への費用を負担せずに済み、裁判所が借金の整理案・今後の支払い方法等の案を出してくれ、解決に至ります。
任意整理との大きな違いは、調停成立後に支払いが滞った際は、債権者はすぐさま給与の差し押さえといった強制執行手続きが可能となりますので、支払いにはかなり注意を払わなければなりません。
支払い期限は3年〜5年となります。


TOPに戻る
【運営概要】
トップ運営会社プライバシーポリシー利用規約お問合わせgoogleYahoo!

(C) 司法書士ナビ