相続とは

相続 とは、自然人(法律講学上「自然人」と呼び、法文上は「人」の場合も「自然人」の場合も「個人」の場合もある。法人の対義語)の財産などの様々な権利・義務を他の自然人が包括的に承継すること。
一般的には、自然人の死亡を原因とするものを相続と称することが多いが、死亡を原因としない生前相続の制度も存在する。相続に関する規定には遺言により民法の規定と異なる定めをすることができる任意規定が多く含まれる一方、遺留分規定のように遺言での排除を許さない強行規定も存在する。

TOPに戻る
【運営概要】
トップ運営会社プライバシーポリシー利用規約お問合わせgoogleYahoo!

(C) 司法書士ナビ