完済前・後の過払い請求の違い

取引中に過払い請求をしてしまいますと、いわゆるブラックリストに登録されてしまい、5年〜7年間ローン等が出来なくなってしまいます。
また完済後、解約して過払い請求をしても、基本的にはブラックリストには登録されないとの報告があります。
しかしながら、完済後すぐに過払い請求をしてしまいますと、登録される可能性があるようです。
これは、信用情報機関に情報が反映されるのに、時間が必要であり、まだ完済していることが信用情報機関に伝わっていないのに過払い請求をすると、完済前の過払い金返還請求と同じ扱いになってしまうからです。
業者によって信用情報機関への報告の方法が異なるため、いつ完済情報が登録されるのかはわかりません。
通常は数ヶ月はかかるようです。
また、クレジットカード機能のついているカードに関しては、数カ月後に売上があがるということがよくあるため、カードが返却されてもカード会社はなかなか完済扱いにはしません。
その場合、さらに時間がかかります。
万全を期するのであれば、完済解約後に、信用情報機関で自分の情報の照会をして、完済登録がされているのを確認されてから、過払い金返還請求をご依頼いただくのがよいでしょう。

TOPに戻る
【運営概要】
トップ運営会社プライバシーポリシー利用規約お問合わせgoogleYahoo!

(C) 司法書士ナビ