自己破産について

自己破産とは、全ての債務(借金)が免除され、もう一度やり直すチャンスを与えるために国が作った制度です。
破産が決定した時点で、持っている財産(最低限生活に必要なものは除く)を失いますが、 以後の収入や新たに得た財産は自由に使うことが可能です。
一度自己破産をしてしまうと、まともな生活が出来なくなってしまう、という誤った認識をされている方も多いようですが、 実際そんなことはございません。

自分から伝えなければ、会社や家族にも知られることはございませんし、実際自己破産後、しっかりと更正し、普通の暮らしに戻っている方もたくさんいらっしゃいます。
デメリットとして7年間クレジットカードが作れない、ローンが組めなくなります。
しかし、いずれにせよ現金で生活することが大事ですので、むしろ健全な暮らしができるととらえることもできます。
また、全国の市町村にある破産者名簿に氏名が登録されますが、これは非公開ですので公になることはありません。 次に国が発行する官報に載ってしまうのですが、これを毎回チェックしている方はいないと思われますので、ご家族・知人に知られてしまうことはないでしょう。

自己破産は国が作った救済措置ですので、デメリットも上記のようなとこです。
もちろん簡単に出来るものではないですか、本当にお悩みの方はお早めに専門家にご相談ください。

TOPに戻る
【運営概要】
トップ運営会社プライバシーポリシー利用規約お問合わせgoogleYahoo!

(C) 司法書士ナビ